虫歯治療

熊本の歯医者「こんどう歯科医院」では、虫歯治療をはじめとした幅広い歯科治療を行っています。当院が大切にしているのは、できるだけ痛くない治療を追求することと、患者様との対話を大切にすること。カウンセリング専門のスタッフも所属していますので、不安なことや歯科医師には直接言いづらいこともお気軽にご相談ください。

虫歯の進行について

進行段階 症状 治療法
CO ごく初期の虫歯
CO ごく初期の虫歯
歯の表面にある「エナメル質」が溶けはじめた状態です。白く濁ったような見た目で穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状もありません。 適切な歯みがきやフッ素塗布などによって治ることがあります。
C1 エナメル質の虫歯
C1 エナメル質の虫歯
エナメル質がさらに溶け、黒ずんだような見た目になります。基本的に痛みはありませんが、冷たいものがしみることがあります。 虫歯になってしまった部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めます。
C2 象牙質の虫歯
C2 象牙質の虫歯
エナメル質の奥にある「象牙質」まで虫歯が進行した状態です。ときどき痛むようになり、冷たいものだけでなく甘いものもしみることがあります。 虫歯になってしまった部分を削り、インレー(詰めもの)で補います。
C3 神経まで達した虫歯
C3 神経まで達した虫歯
象牙質の奥にある神経にまで虫歯が進行した状態です。何もしていなくてもズキズキと激しく痛み、熱いものもしみるようになります。 虫歯に冒された神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める「根管治療」を行います。その後、削った部分をクラウン(被せもの)で補います。
C4 歯根まで達した虫歯
C4 歯根まで達した虫歯
歯根まで、虫歯に冒された状態で、歯の大部分はなくなっています。神経が死んでしまうため痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まることで痛みが再発します。 抜歯が必要になるケースが多くなります。抜歯後は入れ歯やブリッジ、あるいはインプラントなどの治療法で失った歯を補います。
Pick Up!-無痛治療-

歯科医院の治療には、「痛い」というイメージが根強く残っているようです。当院ではより安心して治療を受けていただくために、「無痛治療」への取り組みを行っています。ご案内しているのは、「笑気吸入鎮静法」と「静脈内鎮静法」というふたつの手法です。

ドックベストセメント

Doc's best cementとは虫歯になった所にドックスベストセメントという薬を詰めて治す治療で、
ほとんど麻酔を使わず、削らないで治療が行えます。
このセメントはアメリカで開発され20年近くになり、その有用性、安全性、継続性が実証されています。

ドックスベストセメントのメリット・デメリット
メリット
  • 通常神経を取らなくてはならない大きなむし歯の神経を取らずにすむ
  • 神経に達していないむし歯でも、虫歯菌を削り取らないので、大切な歯を削る量が少なくてすむ
  • 神経をとらないで済むのでお子様の若い永久歯のむし歯には最適な治療方法
  • 通常2~3回と治療回数が少ない
  • 一つ軽い治療になるので、一般に歯の寿命が延ばすことができる
  • お薬にアレルギーのある方にも安心して使用できる
  • ドックスベストセメントをいれた部分は、永続的な殺菌効果を期待することができる
デメリット
  • 日本では、まだ保険治療として認可されていないため自費治療となります。
  • また虫歯菌に罹患している部位や量、状態等によって、この治療が出来ない場合がある
  • 歯の中の虫歯菌は治療できますが、むし歯にならないように予防する事はできない
  • 通常の適切な歯みがきを怠ると、治療部分は治っていても、違う箇所から新たなむし歯が発生してしまう
  • 治療後も定期的な歯科検診は、欠かすことが出来ない
こんどう歯科でドックベストセメントをおすすめする人
  • 1 なるべく神経を取りたくない人
  • 2 歯をなるべく削りたくない人
  • 3 一生できるだけ自分の歯で暮らしたい人
  • 4 治療回数を少なくしたい人
ドックベストセメントにかかる費用

ドックスベストセメントは保険が適用されないため、自由診療になります。
薬を詰める費用と被せ物にかかる費用が別々に発生します。

     
薬を詰める費用5,000円
被せ物にかかる費用5,000円?60,000円
治療の流れ

治療の流れ

笑気吸入鎮静法

笑気吸入鎮静法

「笑気吸入鎮静法」とは、「笑気ガス」という吸入式の麻酔薬を使った麻酔法です。30%以下の低濃度の笑気ガスと70%以上の酸素を配合し、鼻に専用のマスクを取り付け、肺から吸入させて麻酔をかけます。麻酔が効いてくると、ちょうどお酒を飲んで酔っ払ったような感覚になり、少し感覚を鈍らせて歯科治療を受けていただけます。なお、短時間で気分が戻るので、自動車の運転は通常通りしていただけます。

※妊娠初期、3~4ヶ月の方はご利用いただけません

こんな方におすすめです
  • 歯科治療が本当に嫌いな方や、歯科治療中に具合の悪くなる方(歯科恐怖症)
  • 治療を極端に嫌がるお子様
  • お口の中の手術を受ける方
  • 神経質な方や、ストレスに敏感な高齢の方など
  • 心疾患、高血圧など内科的慢性疾患を持ち、歯科治療のストレスを軽減すべき方
  • お口の中に物が入ると『オエッ』となる嘔吐反射の強い方
静脈内鎮静法

「静脈内鎮静法」とは、点滴で精神安定薬を腕の静脈に投与し、麻酔をかける方法です。麻酔が効いてくると、意識はありますがほとんど眠っているような状態になり、治療にともなう不快な痛みや音などがあまり気にならない状態の中で歯科治療を受けていただけます。

※鎮痛効果は不完全なので痛みをともなう治療には局所麻酔を行います。

こんな方におすすめです
  • 歯科治療が本当に嫌いな方や、歯科治療中に具合の悪くなる方(歯科恐怖症)
  • お口の中の手術を受ける方(インプラント・親知らずの抜歯・歯周病の手術など)
  • 短期間で早く治療を終わらせたい方
  • お口の中に物が入ると「オエッ」となる嘔吐反射の強い方

小児歯科について

歯のお悩みは何でもご相談ください。
電話予約は0120-976-417

「親知らず」は大臼歯(大人の奥歯)の中で最も後ろに位置する歯で、10代後半から20代前半に生えてくるのが一般的です。顎が小さく親知らずが生えるための十分なスペースがない場合、ほかの歯に当たって痛んだり、まっすぐ生えてこず歯みがきしにくい状態になり、虫歯や歯周病になりやすくなったりします。「親知らずはすべて抜く」というわけではありませんが、上記のように問題のある親知らずには適切な処置が必要となります。

痛みが出た場合の対処法

痛みが出た場合の対処法

親知らずの周辺が腫れてしまった場合、できるだけ早く歯科医院での治療を受けることが重要ですが、それが難しい状況では次のような応急処置が有効です。

患部を冷やす

水をしぼったタオルや氷嚢などで腫れた部分を冷やします。親知らずに限らず、さまざまな炎症に有効です。

市販の鎮痛剤を服用する

最近は、医療機関で処方されるものと近い痛み止めが市販されています。薬剤師が在籍している薬局では、棚には並んでいない強い痛み止めが買えることもあるので相談してみましょう。

歯みがきにやわらかい歯ブラシを使用する

腫れていて痛いからと言って歯みがきを怠ると、口内環境が悪化し虫歯や歯周病などにかかる可能性があります。やわらかいタイプの歯ブラシでやさしく歯みがきしましょう。

口内洗浄薬でうがいする

炎症には消毒が有効です。殺菌作用の強い口内洗浄薬でうがいしてください。ただし、ミント味などの刺激が強いもの、アルコール成分が多いものは控えましょう。

安静にする

炎症が発生する原因はさまざまですが、多くの場合は抵抗力の低下が考えられます。疲労やストレス、寝不足などが原因でも抵抗力が低下するため、安静にして体力を回復させ、抵抗力を高めましょう。

当院で行う親知らずの処置について

当院で行う親知らずの処置について

親知らずの状態は人によってさまざまです。当院では患者様一人ひとりの状態をしっかりと確認するため、最新の歯科用CTを用いて精密に検査した上で、下記のような処置を使い分けて適切に治療してまいります。

患部周囲の炎症を抑える

親知らずの炎症では、強い痛みで口が開けにくくなることもあります。まずは口内を消毒し、抗生物質や消炎鎮痛剤などを使って腫れや痛みなどの症状を抑えます。

周囲の歯ぐきを切開する

親知らずの上部を歯ぐきが覆っていると、細菌が溜まりやすいため炎症を繰り返してしまう傾向にあります。そこで、余分な歯ぐきを切除し、親知らずを適切に露出させる処置を行います。また、腫れがひどく膿が溜まっている場合には、切開・洗浄で膿を出します。

虫歯の治療を行う

親知らずの痛みが、炎症ではなく虫歯によって引き起こされている場合もあります。通常の虫歯と同様に患部を削って補ったり、神経の治療を行ったりすることで処置します。親知らずの生え方によっては抜歯も検討します。

抜歯は炎症が治まってから

炎症が起こっている間は麻酔が効きにくいため、抜歯が必要な場合にも炎症が治まってから行います。炎症が落ち着いてからの抜歯であれば、術後の痛みも少なく済みます。

Pick Up!-痛む前に親知らずを抜くメリット-

親知らずは、横向きや斜め向きなど、正常でない生え方をするケースが多々あります。その場合、歯みがきが非常にしづらく、汚れが残りがちになるため、虫歯や歯周病のリスクが高くなってしまいます。虫歯や歯周病はその歯だけの問題ではなく周囲の歯や歯ぐきにも悪影響を及ぼしてしまうため、病気にかかる前に抜歯してしまうのがおすすめです。

また、セルフコントロールできている咬み合わせに問題の無い親知らずは残しても問題はありませんが、隣の歯や咬み合う歯、咬み合わせなどに悪影響を及ぼす可能性がある場合にも、後々のトラブルを防ぐため抜歯が必要です。歯並びが乱れると、それだけ歯みがきがしにくくなり、やはり虫歯や歯周病のリスクが高まってしまうからです。

受験や妊娠などに備えて抜歯することも

大きな問題はなさそうな親知らずでも、少しでも不安要素がある場合、大学受験や就職活動、妊娠や育児などに備えて抜歯したほうがよいこともあります。長期的に続く大切な時期の最中に親知らずが痛み出すとデメリットが大きいためです。そのような場合は、抜歯すべきかどうか歯科医院で相談してみるとよいでしょう。

歯のお悩みは何でもご相談ください。
電話予約は0120-976-417