費用について

矯正やインプラントなどの費用について

熊本の菊池郡大津にある歯医者「こんどう歯科医院」では、小児矯正からインプラント、入れ歯、審美歯科までさまざまな歯科診療を行なっています。こちらでは、当院の診療メニューにおける費用についてご紹介します。なお、治療内容によって金額には個人差が発生することもあります。医師の診断に基づきお見積書を発行し、その際はしっかりとご説明します。

保険治療費一覧

矯正やインプラントなどの費用について

矯正治療費(+消費税)

インビザラインGO 440,000円
調整料:2,200円
メタルブラケット 両顎 700,000円
片顎 350,000円
セラミックブラケット 両顎 800,000円
片顎 400,000円
アライナー矯正 印象時 2,000円
装着時 10,000円×回数(片顎)
アップライト
(ワイヤー法・スプリング法)
装置 100,000円
エクストリュージョン 50,000円(根尖側移動術を含む)
30,000円
調整料:2,000円
部分矯正(6歯のみの場合) 150,000円(片顎)
プレオルソ 50,000円
調整料:2,000円
拡大床 130,000円
指様弾線、リンガルワイヤーなどを追加する場合は1個につき10,000円
拡大装置 300,000円
調整料:2,000円
アムステルダム型スプリント
ミニスプリント
ひさし型スプリント
60,000円
オクルーザルスプリント 片顎 60,000円
上下顎 90,000円

>>矯正治療について

インプラント治療費(+消費税)

検査・診断料 20,000円
埋入手術(10年保証) 230,000円
増骨 多 100,000円
中 80,000円
少 60,000円
サイナスリフト法 150,000円
ソケットリフト法 50,000円
セデーション 50,000円
自家骨移植術 100,000円
チタンメッシュ術 30,000円
消毒・投薬料 10,000円
滅菌・手術着料 3,000円
2次オペ 50,000円
サージガイド 30,000円

※最終補綴(かぶせ物)はこの金額には含まれておりません。
※治療内容により金額に個人差があります。(医師の判断に基づき、お見積りを発行させていただきます。)

インプラント上部構造(被せもの)
ジルコニアオールセラミックス 130,000円
ジルコニア 80,000円

>>インプラントについて

義歯制作費(+消費税)

総入れ歯
         
チタン床義歯 400,000円~
シリコンデンチャー 250,000円
コバルトクロム床義歯 300,000円~
マグネットデンチャー 1装置70,000円
部分入れ歯
 
チタン床義歯 1~7歯 300,000円
8~14歯 400,000円
※いずれもノンクラスプ+60,000円となります
コバルトクロム床義歯 1~7歯 200,000円
8~14歯 300,000円
※いずれもノンクラスプ+60,000円となります
ノンクラスプデンチャー
1~3歯 100,000円
4~7歯 120,000円
8~14歯 160,000円

※紛失および他院での改造を除いては、作成日より2年間は無償保証いたします

>>入れ歯について

審美歯科治療費(+消費税)

詰めもの
セラミックインレー 50,000円
ジルコニアインレー 50,000円
ゴールドインレー 60,000円
被せもの
ゴールドクラウン 130,000円
オールセラミックスクラウン 130,000円
ジルコニアクラウン 80,000円
E-MAXクラウン 50,000円
前歯への被せもの
ジルコニアオールセラミックス 131,600円
オールセラミックス 130,000円
メタルボンド 88,400円
ジルコニアクラウン 80,000円
E-MAXクラウン 50,000円
レジン前装冠(保険適用) 7,000円程度
ホワイトニング
ホームホワイトニング 上顎 15,000円
下顎 15,000円
ホームホワイトニング用ジェル 1本 2,000円
神経がない歯のホワイトニング 1回 1,000円
オフィスホワイトニング 1回 30,000円(上下の前歯12本)
※追加1本あたり、別途2,500円かかります。

>>審美歯科について

デンタルローン

デンタルローン

ご希望の治療実現をサポートするデンタルローンをご案内しています。口座開設不要で電話・Web・郵送で手続きでき、コンビニなど全国の提携ATMで繰り上げ返済OK。金利は安心の固定金利(年利5.8%)で、ご利用額は3万円から500万円までとなります。ご返済は6~84回(6ヶ月~7年)

医療費控除について

医療費控除について

自分や家族の病気・怪我などにより医療費を支払った場合は、確定申告を行なうことで一定の金額の所得控除を受けることができます。これを医療費控除といいます。1年間で支払った医療費の総額が、ご家族で年間合計10万円を超える場合(または確定申告される方の合計所得金額の5%を超える場合)、医療費控除を受けることができます。

※医療費控除の対象上限金額は1年間200万円までです。

医療費控除を受けるポイント
  • 医療費に関する領収書は再発行はいたしかねますので、大切に保管をお願い致します。交通費の記録も忘れずに。
  • ご家族の中で一番所得金額の多い人が医療費を支払い申告するとお得です。
  • 治療は同じ年に家族でかかるのがお得です。

※確定申告をしていない場合、医療費控除は最長5年前までさかのぼって受けることができます。

医療費控除の対象は?
  • 医科および歯科受診の保険治療費・保険外治療費および、交通費が対象となります。
  • インプラント治療・セラミック治療・矯正治療などの自費診療だけでなく、保険診療も控除の対象となります。
  • 美容を目的とした矯正治療、歯ブラシや歯みがき粉などの物品購入費は対象になりません。
  • 支払った医療費が医療費控除の対象になるかどうか、詳しくは最寄りの税務署で確認してください。
手続きの方法は?
  • 医療費控除を利用するには、確定申告が必要です。(確定申告の申告書に必要事項を記入し、最寄りの税務署へ提出します)
  • 確定申告は、毎年2月中旬~3月下旬に行なわれます。 (還付申告は1月からできます)
  • 申告書は国税庁のホームページ、または税務署、市区町村窓口でお受け取りできます。その他、必要書類は以下の通りです。

医療費の領収書

  • 交通費は領収書がなくてもOKです(料金や経路を記録しておきましょう)
  • 源泉徴収票(給与所得者の場合) ※勤務先から交付されたもの(コピー不可)
  • 医療費控除の内訳書
  • 印鑑(認印でも大丈夫です)
  • 通帳(確定申告をされる方の名義のもの)
  • 保険金などで補てんされている金額がわかるもの

歯のお悩みは何でもご相談ください。
電話予約は096-213-4415